peacepact

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

土日やることメモ

来週のヒザスリキャンプのために,フォルツァの整備
(1) センタースタンド外し
 参考:YASU: ローダウン クロームメッキ センタースタンド
(2) アクセル・ブレーキワイヤー注油
(3) 空気圧チェック
(4) ステップに滑り止め貼る
(5) 路面と擦るアンダーカウルになにか貼る コーナンで強力両面テープ買ってくる
(6) サイドスタンドキルスイッチ解除
 参考:FORZA MF08 サイドスタンドスイッチの解除 - お父さんのビクスク FORZA
(7) ヘッドライトのヒューズ外してテスト

2りんかん
 ライディングシューズ,ZZR1400 のエアフィルタ洗浄剤 買う 10%オフ券使う

タイチ
 レーシンググローブのほつれ修理に出す

by 66bbb | 2014-05-24 09:11 | Motorcycle | Comments(0)

オーブン機能を使わなくてもレンジだけでクッキーができる『チンするレシピ クッキーマジック』

チンするレシピ クッキーマジック - 商品紹介 - クレライフ - クレハの家庭用品サイト は,電子レンジで3分レンジでチンするだけでクッキーが作ることのできる発熱シートセットです(材料は入っていませんよ!)。1個(3セット入り),希望小売価格が350円で,2014年3月24日発売しました。ちなみに1セットで2回の使用が可能なので1つ買えば3セット入っているので6回クッキーが焼き上げられます。
b0029688_18480977.jpg
b0029688_18480991.jpg

クッキーつくるときってオーブン機能で余熱を10分して~って前作業が面倒なんですが,これならレンジ機能だけでクッキーを焼き上げられるので余熱の前作業が必要ありませんし,オーブン機能のついていない安い電子レンジでもクッキーが作れますね。そしてオーブン後は掃除がめんどうだったりしますが,これなら使用後シートを燃えるごみに捨ててしまえばOKです。

今回はプレーンクッキーを作ってみましたが,次回はアレンジレシピに挑戦ですね。
キチントさんクッキーマジックを使ったかんたん&アレンジレシピ大募集! | レシピブログ - 料理ブログのレシピ満載!
b0029688_18480951.jpg
こんな感じに生地を並べて・・・ (溶き卵はもっと少なくしないとクッキー同士がくっつきますので注意,悪い例ですね)
b0029688_18480944.jpg
生地を潰してレンジでチンします。うちの電子レンジではこのシートの四つ角を曲げないとうまく回ってくれませんでした・・・。
500Wで3分が目安でしたが,600Wで3分にしてみました。

b0029688_18480900.jpg
できあがり! クッキーははじめて作ってみましたがなかなかうまくできましたね。
丸い生地を潰して円形のクッキーにするのでなかなか思った形にならずバラバラになってしまいました。うまく円形につくるには難易度が高いかも。
一人暮らし男性でも手軽にやってみようと思えるのでこのシートは便利ですね。甘党なのでいつかはやってみようと思ってたクッキー作りができて楽しかったです。次は違うレシピ!
[PR by ブログタイムズ]
by 66bbb | 2014-05-11 18:57 | Misc. | Comments(0)

GW 九州ツーリング 「2日目 別府港から阿蘇へ,杖立温泉宿泊」 2014/05/29(TUE)

別府に到着。
b0029688_08332337.jpg
さんふらわぁって無線LANあったのね。
b0029688_08332374.jpg
到着時は小雨?霧? そのままの革ジャンでもいける感じの天候。晴れ男なんだけどなあ。
b0029688_08332366.jpg
ナビにこんな道をルートされて通っていい景色なので撮ってみたり。
b0029688_08332320.jpg
路面濡れてるけど晴れてきてるんですよね。
b0029688_08332430.jpg
あじさい橋っていう無名の橋のところが景色よかったので撮ってみた。
b0029688_08332479.jpg
道の駅すごうに集合。とうもろこしが有名らしいですよ。
b0029688_08471584.jpg
太平燕(タイピーエン)を道の駅で食べてみたり。
b0029688_08471514.jpg
快走してみたり。
b0029688_08471521.jpg
b0029688_08453335.jpg
ラピュタの道で怖がってみたり(高所恐怖症)。

b0029688_08453373.jpg
高けえ!!
b0029688_08453324.jpg
解散したり。
b0029688_08562102.jpg
杖立温泉の旅館のメシですな。
b0029688_08570278.jpg
温泉入って爆睡の2日目(実質1日目だけど)でした。
いつもソロツーリングが多いんだけど,友人たちとのツーリングも知らないルートや快走路があって楽しいものですね。

by 66bbb | 2014-05-06 08:58 | Motorcycle | Comments(0)

GW 九州ツーリング 「1日目 フェリー乗車」 2014/05/28(MON)

午前中出社して,午後から有給とって荷造り。
b0029688_08175325.jpg
南港 ATC から大分別府港まで。友人達と合流するため。さんふらわぁって南港から南港 ATC に変更になったのね。
二等ベッドで750cc以上バイク17,360円。17:05発。
b0029688_08175342.jpg
b0029688_08175313.jpg
b0029688_08272875.jpg
この日は酒クズして就寝ですわ。

by 66bbb | 2014-05-06 08:28 | Motorcycle | Comments(0)

鈴鹿サーキットを走りつくせ! BIKE! BIKE! BIKE! に行ってきた 2014/04/27(SUN)

鈴鹿サーキットを走りつくせ!BIKE!BIKE!BIKE! | 鈴鹿サーキット に行ってきました。
b0029688_08075074.jpg
朝5時半に家を出発し,8時前くらいに鈴鹿に到着して2,000円払って5分くらい待って入場しました。
ブリーフィングを受け,下のピンクシールをもらって,車体の右側のミラーに貼ります。
b0029688_07543931.jpg
b0029688_07543914.jpg
b0029688_07543958.jpg
b0029688_07543834.jpg
1枠3周フルコースが走れます。結構ピットに入っても待たされるんですわ。だいたい 60km/h 走行でしたが渋滞してクラッチの練習になってたようなところも多数・・・。場合によっては 100km/h で走れたときもありましたが。
b0029688_07543919.jpg
8耐の模擬レースもありましたね。
念願の鈴鹿フルコースが走れて満足でした!
b0029688_2054154.jpg

b0029688_07543904.jpg
明るいうちに帰って,九州ツーリングに備えてバイクをきれいにしました。


バイクで走りつくす!


みんなで超えるぞ!鈴鹿8耐11,374周クルージング

自らの運転で鈴鹿サーキット国際レーシングコース・フルコースを走れるサーキットクルージングを開催。
排気量125ccを超える『オートバイクラス』と排気量125cc以下の『アンダー125ミニバイククラス』の2クラスに分かれて実施いたします。

実施時間 オートバイクラス
(125ccを超える)
9:00~10:30/13:30~15:30
アンダー125 ミニバイククラス
(125cc以下のクラス)
10:30~11:00/15:30~16:00
ブリーフィング
(センターハウス2階で開催)
8:20~15:20 (毎時 0分、20分、40分)
※当イベントに参加いただく際、必ず一度はブリーフィングに出席していただく必要がございます。
ルール ≪その1≫
鈴鹿サーキット国際レーシングコース(フルコース)で開催する、日本最大級のバイクの祭典、鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、1978年以降35年以上に 渡り、多くのライダー・チームが熱いバトルを繰り広げてきました。昨年の"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいては、63チームが決勝に出場し、総周回数11,374周に達しました。この総周回数11,374周を、来場者全 員で超えることを目指します。
≪その2≫
コース内を周回しているマーシャルカー(先導車)に続いての走行です。マーシャルカーやほかのライダーをを追い抜くことはできません。
※スピードは、約60km程度。
≪その3≫
クルージング開催中は、自由にコースの入退場が可能です。
特典 【その1】ウェルカムフォトセッション
鈴鹿サーキットクイーンとともに写真撮影を行い、プリントしてお渡しさせていただきます。
【その2】サーキットクルージングフォトサービス
クルージング中の様子を第1コーナーからプロカメラマンによる写真撮影を行ない、鈴鹿サーキッ トホームページより後日ダウンロードサービスさせていただきます。
※写真撮影はランダムに行なうため、参加される方でも撮影されていない場合がございます。

※20歳未満の方は、保護者の方の署名・捺印の入った誓約書を当日ご提出いただく必要がございます。


by 66bbb | 2014-05-06 08:14 | Motorcycle | Comments(0)