peacepact

<   2004年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

世界の中心で愛をさけぶ 題名の類似論?

なんていうか今更な話題で申しわけないのだが、片山恭一著「世界の中心で愛をさけぶ」という表題を最初に聞いたとき、「?」と思ったはずだ。

そう、エヴァンゲリオンの最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」と類似しているのである。類似しているなんてもんじゃない。これは剽窃ぎりぎりなのかも知れない。俺的にはこれはアリ?なんて思ったものだ。

そして「世界の中心でアイを叫んだけもの」は最終話のタイトルをSF小説から引用する庵野監督お得意のものである。エヴァの最終話題名元のネタはハーラン・エリスンのSF小説「世界の中心で愛を叫んだけもの」(原題:The Beast that shouted love at the heart of the World)からである。ちなみにエヴァでの「アイをさけぶ」の「アイ」は、I(私)と、愛をかけたものだろうと解釈できる。で、結果片山恭一は引用の引用かよ。ちょっとこれじゃだめだろ。と。オリジナルではないじゃん。と。

大抵の人はヒくと思うんだけど。中身がいいからいいのか。
多分俺も読んだら泣くし。中身がよければいいよ。今はブームの最中だからあんまり読みたくないけど。でもエヴァ(というかアニメ関係)に詳しいオタク人妻学院生作家、篠原一はヒいたはずだ。

別に片山恭一をせめるわけじゃないけど、これはいかがなものかなぁ。本人は苦痛に感じないんだろうか。これで片山恭一が「エヴァンゲリオン?知りません」なんて言えばいいけど、一時社会的現象になったエヴァを知らないとでもいうのだろうか。でも最終話の題名なんて知らないってつっぱれねばいいのか。最近柳美里も剽窃騒ぎを起こしてるしなぁ。あやしいっちゃあやしいような気も。ブラックジャックによろしく とかがOKなのだから、ちょっともじってあればいいのか。じゃ、奇をてらう新人の次回作の題名はあれだな。蹴りたいインスコールにピアス~ぐるぐる回る介護~とかにでもすればいい。

さて、片山恭一は文学界新人賞の出身なのだが、文学界新人賞っていうのは文藝春秋が毎月発行している文学雑誌で、その新人賞は毎年2回の選考が行われている。初代の受賞者はいわずもがな石原新太郎である。「太陽の季節」ね。んで、その文学界新人賞、芥川賞に選ばれる確率がめちゃめちゃ高い。これは芥川賞の選考を文藝春秋がやっている(といえば語弊になるけどそんなもんでしょ?)ためである。文学界新人賞をとって、芥川賞をとらないっていうのはまぁ、いわゆる「負け犬」なのである。(by酒井順子)。まぁ、ここまでだらだらと書いてきたけど、まぁ、片山さんよかったね。と。「負け犬」が借り物のタイトルで逆転。

話がとっちらかってしまった。まぁ、まとめますと、なんでみんなエヴァの題名のパクリだってわからないんだ?分かっててもなんでもっともっとつっこまないの?題名がかりものの小説でいいのかい?折角中身はいいのに、片山さん。っておはなし。
by 66bbb | 2004-09-23 01:55 | Book | Comments(1)

bbb Profile

HN、bbb。HNに特に意味無し。bを3回おしてみただけ。
生まれは東京だが関西在住。
1982年12月生まれ、射手座。13星座中なら蛇遣座。犬年なのに猫舌。

pre-schoolというバンドが好きでした。残念ながら活動休止。ラジオ全部テープに録ってた。現在はボーカルのバクちゃんと、キーボードのエコちゃんのユニット(ユニットって言葉だせー)MUFASがわりとよさげになるかな。と。
まじでラブ。俺の青春だね。

ネットゲームはテトリネット(TetriNET)っていうテトリスの対戦が好き。というかもうフェチ。1年以上やってる。シンプルながらめちゃくちゃ奥が深い。

テトリネットは自分でもテトリネットの学校 テトリネットの学校というサイトを作っています。

趣味は読書です。大抵年間100冊読みます。

マンガは秋重学と江口寿史のポップセンスが好きです。

映画はあんまり好きじゃないけど、(90年の映画は好きだったのに)河瀬直美の映画はすごいいいと思います。

あとは、マイナーなものが好き。古いものが好き。アンチ大衆文化。マスコミの影響はうけたくありません。なんか癪に障るじゃん。だからなんか流行ってるものは何年か寝かせてからみたり、やってみたり。群れるのが苦手。
by 66bbb | 2004-09-22 10:47 | Profile | Comments(0)

宮崎誉子(みやざきたかこ)の小説はハイスピード展開

今日は文藝2004年夏季号で宮崎誉子(たかこって入れても文字でてこねーや)の短編を読んだ。
まぁ、みんな知らないでしょう。Googleで検索したら200件強だった。

リトルモアの文学賞をとってる。リトルモアといえば音楽雑誌、タナソウ編集長のSNOOZERで有名ですね。(知らない人は絶対知らないよなぁ。)

宮崎誉子の小説はすごい文の口調が軽い。よくいえばポップ。悪く言えば世俗的?
でもすごい革新的な小説。記号の羅列。んで、大抵が一行ずつ改行してあって、読みやすい。(好き嫌いあると思うけど。)
女子高生にはうけるよね。絶対に。
文体特徴として韻を踏んですごいハイスピード文体を確立してます。こんな小説はじめて。もっと文壇(この言葉はきらいだけどね)は実力を認めるべきでは?文藝はそのポップさゆえに猛PUSHだけどね。いい傾向だ。
あとSNOOZERのリトルモアからデビューしたわけで文体のなかにマイナーな(俺にはマイナーじゃないけどね、あくまで一般論的な?)バンドが登場します。ノーザンブライトとか、ラモーンズ(有名だけどね)とか。あとは今思い出せない。

大抵はフリーターみたいな女子が主人公で、日常がすごいテンション(これは読んでみないとわからない)でかかれていくんですよ。そりゃもうすごい。でも日常の本質はすごい覚めてるっていう今時の厭世観が読み取れます。俺的解釈だけどね。

「ポップコーン」群像 2003年6月号現代小説・演習 第六回・第二部ではブギーポップは笑わないっていう小説の題名も登場したりして。この人時代をとらえるのがうまい。大体文学シーンってのはひとつどころか、ツーテンポくらい遅れてるんだよね。なにもかものブームが。この点この人優れてる。

んで、最後にドーンとキます。あー、この小説すごいふわふわして気持ちいいー。
これからはこういうハイスピードな文学かもね。この人すごい可能性あるよ。
by 66bbb | 2004-09-21 14:58 | Book | Comments(0)

マンガ むつきつとむ としうえの魔女たち 全2巻

いや、エロマンガなんですけどね。
本気で成年コミックなわけなのですが、エロマンガとも思えないほどいい感じなんですよ。

普通のマンガでもいけるって。絵うまいし、物語面白いし。
こんくらいえろいのだったらヤンジャンとかでもあるような。
エロいとこ少な目で、むしろ物語がしっかりしてる。

物語は主人公がナンパした女(童顔)が、実は母親の親友(同い年)な話。最初はわからないんだけど、次の日くらいに母親のやってるアパートかシェアハウスかなんかに引っ越してくる。

っていう話ですよ。母親ってのが15で主人公生んで、主人公、高校生だからまだ30くらいですか。三十路いいねぇ。しかも童顔って。

最近マンガにはまるわー。
エロマンガに萌える俺はそろそろやばいですかね。でもこれすごいいいんですよ。
エロもあんまりえろくなくて、物語中心だから女の子に勧めてもいいよなぁ。この人才能あると俺は思うんですが。

下はその漫画家のサイト。
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~mutsuki/
by 66bbb | 2004-09-21 14:39 | Comic & Anime | Comments(0)

マンガ 岡田和人 教科書にないッ!が面白い。

あー、これ面白いわ。一巻目が1995年がコミック初版なんでそんなに古いマンガじゃないし。でも中身は結構古典的だけどそこがよかったりして。大好きなラブコメです。

物語はある日教師をしている主人公、大楽なんとか(下の名前なんなんだろう)が女子高生を夜に家に送っていった。次の日女子高生は大楽を慕って高校に転校してきた。っちゅうものなのだが、その女子高生の家ってのがいわゆるやくざで無事卒業させてくれたら一億円貰えて。んで、大楽はその女子高生白樺 綾と同棲っていう流れ。

絵が昔の江口寿史みたいにポップで、ちょっとエロくてどきどきします。装丁も大学ノートみたいな装丁で凝ってます。まだ6巻までしか読んでないんだけど。すごい続きが読みたい。秋田書店やるなぁ。ヤングチャンピオンか。
もう完結してるのかなぁ?

物語もラブコメ&ヤクザの娘&小悪魔的ってのは江口寿史のストップ!ひばりくんに似てるなぁとは思いましたが、全然違うしぐいぐい引き込まれます。おすすめです。95年初版だから、なんかあの時代のポップさが好きなひとりなのでなおさら支持します。

はっきりいって萌え。

んで、青山真治が映画初監督がこれなんだね。しかもVシネマ。ある意味見てみたいかも。
そういや青山真治の映画ってみたことないなー。小説ちょっと読んだだけだ。
by 66bbb | 2004-09-20 18:24 | Comic & Anime | Comments(0)

しょっぱいblog

blogって誰がよむんでしょう。有名人でもなければーって感じだね。

てきとーにやりますよ。ええ。
本のことでもかきますよ。ええ。

基本的にはWEBで検索してもあんましでてこなさそーなマイナーなネタを書いていきますよ。ええ。だつりょーく。
by 66bbb | 2004-09-20 16:13 | Blog | Comments(0)