peacepact

RAPT Specifications for Search Engines List Version 5

Style:以下のフラグの値のビット和を保存します。
0x0001:Enable 検索エンジンリストボックスに表示します。
0x0002:Separator セパレータとします。このフラグが立っていると、FrontURLとBackURLは無効です。
0x0004:Group 後述する検索エンジングループであることを示します。このフラグが立っていると、FrontURLとBackURLは無効です。
◆◆◆ Ver5の新機能 ◆◆◆
0x0008:Encode 検索ワードを独自形式でエンコードします。詳しくは、ソースファイルに含まれるRtlCodeConvert::Encode()を参照して下さい。
※このフラグは下位互換のために当面残しますが、今後は Encode キーを使用します。
 今後も使用可能である保証はありません。
◆◆◆
0x0010:Images マルチメディア設定です。画像のダウンロードを許可します。
0x0020:Videos マルチメディア設定です。動画の再生を許可します。
0x0040:Sounds マルチメディア設定です。音の再生を許可します。
0x0080:NoScripts セキュリティ設定です。スクリプトの実行を禁止します。
0x0100:NoJava セキュリティ設定です。Javaの実行を禁止します。
0x0200:NoRunActiveX セキュリティ設定です。ActiveXの実行を禁止します。
0x0400:NoDLActiveX セキュリティ設定です。ActiveXのダウンロードを禁止します。
0x0800:UseCustomDLCtls マルチメディア設定・セキュリティ設定を有効にします。OFFのときは、Donutのデフォルト設定を使用します。
0x1000:ShellExecute 実行可能ファイルであることを示します。このフラグが立っていると、検索実行時、検索ワードを無視します。

の意味がようやく解った。

つまり、小学生の算数よろしく

 0x0010
 0x0020
 0x0040
 0x0080
 0x0100
 0x0200
 0x0400
 0x0800
+0x1000
---------

のような計算で設定していくということだと解釈。なるほど。

例えば、

Style=1945

ならば、
0x0001:Enable 検索エンジンリストボックスに表示します。
0x0004:Group 後述する検索エンジングループであることを示します。このフラグが立っていると、FrontURLとBackURLは無効です。
0x0040:Sounds マルチメディア設定です。音の再生を許可します。
0x0100:NoJava セキュリティ設定です。Javaの実行を禁止します。
0x0800:UseCustomDLCtls マルチメディア設定・セキュリティ設定を有効にします。OFFのときは、Donutのデフォルト設定を使用します。
0x1000:ShellExecute 実行可能ファイルであることを示します。このフラグが立っていると、検索実行時、検索ワードを無視します。

の設定であるということ。。。だろう。。。もしかして違ってるかも!
by 66bbb | 2005-10-02 22:14 | PC, Software, Web | Comments(0)