peacepact

Wndows Vista 32bit で Android ADB Shell (NEC Terrain)


正月だし Windows Vista 32bit(x86) で Android ADB Shell を使うためにいろいろやってみます。
# 素人以下でも Terrain で ADB できるとこまでできました。
素人以下が調べて書いた今後のためのメモ書き。なので,合ってるかどうかは知らない。

まず Android や Linux 用語がよくわからないので調べたのをメモ。

Windows 32bit = x86
Windows 64bit = x64

Shell = Linux や Unix の CUI (Character User Interface) (Windows でのコマンドプロンプトみたいなもの...だと思う)
Android SDK = Android Software Development Kit
ADB = Android Debug Bridge (Android SDK の platform-tools に含まれるツール)
JDK = Java Development Kit
SDK = Software Development Kit

AndMem からほぼ引用,分かり易いです。
fast boot = Android で標準的に使われているファームウェアの書き込みツール
Bootloader = Android端末の起動直後に動作し,OS (Android) を読み込んで起動させるプログラム。Bootloader の起動,Bootloader の Unlock / Lock やカスタムリカバリ (CMW/TWRP) の起動等が可能
CMW = Clockworkmod,カスタムリカバリ (Recovery) の一種。ハードキーを使った操作
TWRP = Team Win Recovery Project,カスタムリカバリ (Recovery) の一種。ほぼ端末画面のタッチパネルで操作
Recovery = リカバリとはシステムの初期化・OSの書き換えなどを行うためのもの。標準状態のAndroid でも元々搭載。CWM/TWRP は標準リカバリに手を加えたもので,メーカー以外の非純正ROM (カスタムROM) を書き込んだり,システム (ROM) 全体のバックアップが可能



(1) 大体これで環境作れる。
【ADB】Java(JDK)とAndroid SDKを導入してADBコマンドを使えるようにする | AndMem

ADB コマンドを使えるようにするには,Android SDK をインストールし設定する必要があり、Android SDK を使用するためには,JDK (Java) をインストールする必要があります。
SDK とは,Software Development Kit の略で,ソフトウェア開発に必要な物が詰め込まれています。
また,Android SDK をインストールすると、fastboot コマンドも使えるようになります。
更に,Android SDK にはADB, Bootloader, CWM で使用する各種ドライバも含まれています。



(1-1) JDK インストール
Java SE Development Kit 8 - Downloads
Windows x86 181.24MB jdk-8u65-windows-i586.exe
Windows x64 186.57MB jdk-8u65-windows-x64.exe

(1-2) Android SDK インストール
Download Android Studio and SDK Tools | Android Developers から,下の方にスクロールして,SDK Tools Only の項目へ。
Windows
installer_r24.4.1-windows.exe (Recommended)
android-sdk_r24.4.1-windows.zip
インストール後,Android SDK Manager を起動 (自動起動) し,
Android SDK Platform-tools
Google USB Driver (一番下にスクロール)
Install 2 Packages... になってるのを確認後,Accepet にチェックしてインストール
Android SDK Manager 終了

(2) Path (環境変数) の設定
マイコンピュータを右クリック,システムの詳細設定,ユーザーの環境変数
;C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools;
かな。

(3-1 32bit) Terrain で,[Setting] - [Developer option] - [USB debugging] にチェックする。

(3-2 32bit)Windows 32bit = x86 の場合,Android SDK でインストールするドライバでは Terrain を接続してもインストールが失敗する (自分の環境でもやはり失敗した) ので NEC Terrain: ADB/CDC Serial Driver, 3e Recovery Password, and Root - Post #1 の,NEC Terrain ADB and CDC Serial.zip を解凍した ADB フォルダの中身が必要となる。

ADB
 - na001adb.cat → androidwinusb86.cat にリネーム (Windows 32bit = x86 時)
 - NA001ADB.inf → android_winusb.inf にリネーム
 + i386
  - WdfCoInstaller01009.dll
  - winusbcoinstaller2.dll

解凍した xda の ADB フォルダを上記のようにリネームする。
C:\Program Files\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver
にある,オリジナルのドライバを念のため,-original を付けておく。
(またインストールし直しとかになったらめんどくさいため...そのまま上書き保存でもいいんじゃないかな,自分は念のため)
androidwinusb86.cat → androidwinusb86-original.cat
android_winusb.inf → android_winusb-original.inf

C:\Program Files\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver
に,xda の ADB フォルダのリネームした,
candroidwinusb86.cat
android_winusb.inf
をコピー。

同様に,
C:\Program Files\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver\i386
に,xda の ADB\i386 フォルダにある,
WdfCoInstaller01009.dll
winusbcoinstaller2.dll
をコピー。気になる人はオリジナルファイルには -original 付ければよい...

(3-4 32bit)デバイスマネージャから [ほかのデバイス] にて,
CDC Serial
NA002 Android ADB Interface
の2つにエラーマークがつく

NA002 Android ADB Interface を右クリックして [ドライバソフトウェアの更新(&P)...]
[コンピュータを参照してを手動で検索…]
[C:\Program Files\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver]
[このドライバーソフトウェアをインストールします]
5分くらいでインストール完了
なぜか NA001 Android ADB Interface が完了したとなるw

【NEC Terrain】一時的root取得( Temporary Root ) | cuda's memossipa's Tips & Freeware ■一時rootを取る (2) ADBドライバをTerrain用に置換 を参考にしてまとめた。

強いて言いうと、以下の記載が不足&誤り?

 ・デバックモードをONにしたTerrainを「PC に USB接続する」
 ・デバイスマネージャに Android Composite ADB Intreface が最初出てくる場所は、ここの画面とは違って「その他のデバイス」にエラーで出てくる
 ・Windows が 32bitOS の時、na001adb.cat のリネーム名は「androidwinusb86.cat」



(3 if 64bit) Windows 64bit = x64 の場合,小技が必要らしい。
2014-12-24 64bit版WindowsにNEC TerrainのADBドライバーをインストールする - マシュマログ6

(4) NEC Terrain の ADB ドライバのインストール完了したら,コマンドプロンプトで,C:\Program Files\Android\android-sdk フォルダに移動して,adb shell コマンドを実行する

以下のようになれば,完了。

C:\Program Files\Android\android-sdk>adb shell
* daemon not running. starting it now on port 5037 *
* daemon started successfully *
shell@android:/ $


これで,root & NAND unlock ができる ADB = Android Debug Bridge 環境が出来たわけですが,パーテーション切るのが怖いし,手順多すぎるし,やらかすミスすべてやらかす人だからまだやらないw

by 66bbb | 2016-01-02 10:35 | PC, Software, Web | Comments(0)